2014年10月29日

長岡市危機管理本部、岳北消防本部を視察

10月28(火)、29日(水) 千曲坂城消防議会は、長岡市危機管理危機本部、岳北消防本部の新庁舎の視察研修をおこないました。
 長岡市は、中越地震、豪雪被害、土砂災害、水害、などいろんな災害に見舞われています。また合併に伴い津波の対策も行われています。地域防災計画も綿密に対策がなされています。防災・安全を意識する人づくりにも力を入れています。
 岳北消防本部は長野県北部に位置する飯山市、木島平村、野沢温泉村、栄村で構成しています。今年6月に竣工した新庁舎を視察しました。
DSCN9724.JPG
長岡駅近くに移転し、「アオーレ長岡」の長岡市役所のエントランス。(「アオーレ=会いましょう」の方言)

DSCN9728.JPG
危機管理指令室でモニター画面を見ながらの説明を受ける

DSCN9783.JPG
シビックコア地区の広域防災拠点の広場に、下水道につながっているマンホールが10か所整備されており災害時ふたを開けこの上に簡易型トイレを置くことで使用できる。

DSCN9795.JPG
建物1階にある長岡市議会の議場。一部ガラス張りで市民が外からでも見ることができる。天井に垂れ下っている多くの板は、長岡花火をイメージしたデザインとなっている。

DSCN9827.JPG
真新しい岳北消防本部の玄関 
続きを読む


posted by 大森茂彦 at 22:29| 長野 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

千曲民商役員学習会

 26日(日)千曲民商役員会で「全商連第51回定期総会決議」の学習会を、坂城町の日帰り温泉の「湯さん館」で県連事務局長を講師に学習会をおこないました。「中小業者をめぐる戦後の動き」を年表を使って解説しました。自主的・民主的な民商が、アメリカと日本の大企業及び自民党政治との戦いで地域経済に果たす役割を懇切丁寧に説明してくれした。安倍政権が進める地域創生の政策は、道州制を念頭に地域の中心市に周辺町村を集約させる考えでは地域再生はできないと説明しました。
 残念ながら何人かの役員は時間が取れず欠席しまた。

26全商連第51回決定学習20141026.JPG
写真左から県連事務局長、私、千曲民商会長、千曲民商事務局長、更埴支部長、坂城支部長


51回総会決定は下記のHPへ
続きを読む
posted by 大森茂彦 at 23:50| 長野 ☁| 千曲民商 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

5人目の孫が誕生

3男の息子に「子供が誕生」とメールがきました。25日朝10時過ぎに「お嫁さんに陣痛が始まったので実家に行く」とメール。14時間後の誕生です。お嫁さん、ご苦労様でした。私に5人目の孫ができました。バンザーイ!

IMG_3058.jpg
息子のスマートフォンで送られた誕生間際の子ども
posted by 大森茂彦 at 01:43| 長野 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

町表彰式

第43回文化祭の開会式の前に、26年度坂城町表彰式がおこなわれました。功績表彰は、民生児童委員として15年間務められた野口協子さん(立町区)ほか6人、職員功労者表彰が2人、産業分野での「坂城WAZAパワーアップ事業」表彰では、デイリーフーズ(株)の高松宏さん、(株)ヤマザキアクテブの山崎忠承さんが表彰されました。
 高松さんんは、果物などの食材に直接通電し、食材自身を自己発熱させる「ジュール加熱殺菌システム」を考案。従来30〜40分を要していた食材の加熱殺菌時間を、約10分の1に短縮することに成功し、特許を取得しました。
 山崎さんは、長年にわたり研究を重ね、連続168時間(7日間)7,000万回の振動を与えても決して緩まないボルト・ナット・座金の「ActiveX(アクテイブ クロス)を開発。特許をはじめ数々の知的財産権を取得。

26年度町町表彰式20101025DSCN9620.JPG
写真は功績者、職員功労者の皆さん

「坂城WAZAパワーアップ」事業の表彰者お2人の写真が操作ミスで消してしまい、PUできませんできません。ごめんなさい。
posted by 大森茂彦 at 01:19| 長野 | 町のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

坂城民報196号を発行

9月議会の内容を掲載した坂城民報196号を掲載しました。

1面IMG_0001.jpg

2面IMG_0002.jpg
posted by 大森茂彦 at 00:40| 長野 ☀| 坂城民報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

民商役員会と懇談

 10月20日(月)千曲民主商工会(千曲市、坂城町の業者の皆さんで組織)役員会と党坂城町議員団(大森茂彦、塩入弘文)・千曲市議員団(中村了治、前田きみ子)が懇談しまた。
 このような懇談会は、千曲民商からの申し入れで実現しました。県下でもはじめてではないかとのこと(県商連事務局長)
 懇談では、「消費税が8%になって、ただ3%だけの影響ではなく円高や消費の冷え込みなどで、商売が続けられない」「建設業では、見積りの時点で10%落とされ、いざ支払いになるとまた減額される。下請けは文句がいえない」など、会員の窮状を訴えました。
 安倍政権は消費税10%判断を12月にするとしており、両議会に「税率10%にしないことを求める陳情書」を提出したいので、議会で頑張ってほしいと要請をうけました。

千曲民商・議員団懇談会20141020.JPG
千曲民商事務所での懇談

posted by 大森茂彦 at 10:58| 長野 ☁| 日本共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

防災学習会

 10月19日(日)午前9時〜11時の予定で立町区自主防災会(会長=大森茂彦)主催で「立町区防災学習会」を開催しました。
第1部は、町防災担当の職員による地震や河川の氾濫、土砂災害などについて、まず自身の安全を確保することなどの基本的な対応について説明。
第2部は、「立町区自主防災会 〜安全・安心の地域への取り組み」についてパワーポイントを使って自主防災会長が報告しました。
第3部は、防災センターの防災倉庫の見学をおこないました。
DSCN9501.JPG
防災センター2階の会議室での学習会

DSCN9510.JPGDSCN9510.JPGDSCN9507.JPG
町防災センター倉庫内で保存食や毛布、土嚢、発電機などの整備状況について説明を受ける

posted by 大森茂彦 at 17:16| 長野 ☀| 立町区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

「国保」連続学習会

長野県社会保障推進協議会主催の「国民健康保険」連続学習会の第1講座「情勢・基礎編」に参加しました。
 保険証の留め置き(未交付)は国民皆保険制度に逸脱した行為であり、「憲法25条 1、・・・最低限度の生活を営む権利を有する。2、国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」という国民の権利であり国はその義務を負っている。決して「自助」や「共助」ではない。
 「10割給付が当たり前」の制度にしなければ! 「基礎的理論を身に付くけなければ」と再認識させられました。

  講演テーマは「住民のいのちの支え手 〜 市町村国保を考える」
  講師は、丸山 信一氏(埼玉社保協事務局長)

DSCN9497.JPG

続きを読む
posted by 大森茂彦 at 22:46| 長野 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。