2015年07月16日

志位委員長、国会での反対討論

16日(木)昨日特別委員会で政府与党が強行採決をおこない、本日、本会議を開会して自民、公明、次世代の党のみで賛成多数で採決しました。参議院に送られました。
 昨日の委員会での安倍総理の答弁で「国民に理解されていないことは認識している」と言い、浜田委員長は審議経過について「法律を10本も束ねたことにはいかがなものか」「政府は国民に明確な解明ができていない。答弁と質疑がかみ合わなかったところもあったのは事実だ」と発言しています。
これほど民意を無視し議会制民主主義を蹂躙する行為は断じて許されるものではありません。

志位委員長が本会議での戦争法反対の討論をおこないました。


posted by 大森茂彦 at 22:06| 長野 ☁| 設定履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。